トップページへ戻る > 手数料かスワップか?

手数料かスワップか?

悩む男性

当たり前ですが手数料が安くて、スプレッドが小さくスワップが
大きい業者を選びたいのは誰でも同じですよね。

でも、すべてを満たすFX業者は見つかりませんよね。
何を優先した方が得なのか考えて行きましょう。

そこで、「自分は何を重視するのかも分からない、
実際どれくらい取引するのかも想像出来ない」って方は
まずは無料の体験トレードから始めましょう。

無料の体験トレードのオススメ業者


1日でかなり取引をする(新規・決済)方の場合

やはり手数料やスプレッド、システムの安定度に注文方法や
注文のし易さでまずは1口座決めていきましょう。

そして相反しやすい取引ツールであるチャート機能やレポート、市況など
情報面で不足な様なら、それ専用にもう一口座。

口座を複数持っていてもお金が掛かる訳ではないので
一方のサーバートラブルに備える意味でも作っておくのが便利。

デイトレードでオススメのFX業者

チャート機能、テクニカル分析、注文機能で選ぶ取引口座


中・長期、もしくはスワップを含めた短期売買の場合

たとえ数日でもポジションを継続するなら手数料よりも
スワップ金利は見逃せないポイントですよね。

得てしてスワップ金利が優遇されている場合はレバレッジが低く、
手数料の面で若干高めに設定されている場合が多いです。

一時的に相場が不安定になり、リスクを回避するために
手数料を掛けて決済し、その後に新規でポジションを持つなら
手数料無料で取引が出来る口座で逆の取引をする事でリスクを
抑える方法もあります。
この方法ならスワップ金利の差額分の損害になるので、
手数料よりも安くすむかもしれません。

なので、メインで取引をする業者にスワップ金利が高い口座を作り、
更に情報面(レポート・市況)で充実した業者。
リスクを回避する意味で手数料が無料で取引できる業者。
3つの口座を作るのがオススメです。

個人的に情報が多すぎるのは良くないと思いますが、
頻繁に取引をしないのであれば、普段は情報の充実した口座で
各レポートや見通しを確認し、必要なら取引をする形で良いでしょう。
そして、一時的にリスクを回避したい時に手数料無料の口座を使う
といった感じで取引していけば良いと思います。

スワップ金利でオススメのFX業者

デイトレードでオススメのFX業者

経済情報やレポート重視で選ぶFX口座


関連エントリー

Copyright © 2008 FX口座の選び方〜初心者のFX. All rights reserved